フラット35S住宅ローンとは?

フラット35Sというのは、住宅の購入のためにフラット35を申し込んだ場合に、その住宅が省エネルギー性や耐震性などに優れたものであるときにフラット35の借入金利が一定期間引き下がるという制度のことです。
フラット35Sには、「金利Aプラン(金利引き下げ期間が当初10年間)」と「金利Bプラン(金利引き下げ期間が当初5年間)」という2種類のプランがあります。
新築住宅を建設する際、建売を購入する際、また中古住宅を購入するという場合にもフラット35Sを利用することが出来ます。
引き下げ幅は年0.
3パーセントとなっていて、一見すると大したことない印象を持つかも知れませんが高価な住宅を購入するにあたっては大きな差が出てきます。